ロゴ
会社概要
沿革
事業展開
テクノロジー

神戸屋の社名の由来は、創業者、故、桐山政太郎が神戸のパン屋に勤めていた際に、大阪で「神戸のパン」という名称で販売を行ったことに始まります。当時、貿易港として栄え外国人が多くいた神戸でパン文化が広がったことから、パンを意味する「神戸」をそのまま屋号として、社名としたのです。1918年、大阪出入橋に工場をつくり、品質第一主義をモットーに「神戸パン」の商号でスタートさせました。これが、神戸屋の始まりです。

年 次 神戸屋の出来事 社会の出来事
1917年
(大正6年)
桐山政太郎、「神戸のパン」を大阪に配達、販売する。
ロシア革命。
1918年
(大正7年)
大阪・出入橋に神戸屋合資会社として創業。 米騒動起こる。
1928年
(昭和3年)
日本の製パン業界で初めて、従来のホップス種からイースト菌を使用する製パン方法に切り替えた。
張作霖爆殺事件。
NHKの全国放送網が完成。
 
1929年
(昭和4年)
日本で初めて、アメリカから5袋用ミキサーを輸入。
 
 
1932年
(昭和7年)
組織変更され、株式会社神戸屋となる。 上海事変勃発。
5.15事件。
1933年
(昭和8年)

鉄筋3階建てのマンモス工場である福島工場が竣工。「東洋一の大工場」と称せられ、当時のアメリカの業界紙「ベーカーズ・ウィークリー」にも紹介された。

国際連盟脱退を通告。
1936年
(昭和11年)
直営店の第1号店、神戸屋今池店オープン。パン料理、喫茶として好評を博す。
 
2.26事件。
前畑秀子、日本女性初の五輪金メダル。
1939年
(昭和14年)
日本の大手企業で初めてパンを包装して販売する。 国民徴兵令公布。
第2次世界大戦勃発(?1945年)。
1943年
(昭和18年)
工場が食糧営団に接収される。  
1947年
(昭和22年)
出入橋工場建設稼動。 日本国憲法施行。
1949年
(昭和24年)
接収されていた工場を買い戻し、復興操業。
湯川秀樹がノーベル物理学賞受賞。
1957年
(昭和32年)
日本の大手企業で初めて国産パン自動包装機を導入。手作業だったパンの包装も機械化され、飛躍的に効率が上がった。
無線遠隔操作によるロボットで街頭でのPRを実施。
子供から大人まで、幅広い人気を集めた。
 
日英通商協定を結ぶ。
日ソ通商条約調印。
1959年
(昭和34年)
他のパンメーカーに先がけて液体発酵法を採用。多額の資金を投じて発酵タンクの新設など設備合理化計画が実施され、大量生産への地盤が固まった。
国民年金法成立。
伊勢湾台風来襲。
1962年
(昭和37年)
食糧庁製パンモデル工場の指定を受ける。 堀江謙一、単独太平洋横断。
1963年
(昭和38年)
東淀工場に日本で最初のワイヤーバンド自動式オーブンを設置。ヨーロッパタイプの硬焼きパンの大量生産体制を確立。
デニッシュ菓子パン「サンミー」を(1963年頃に)発売。
部分的核実験停止条約。
1967年
(昭和42年)
社内通信講座が制度化され、開講される。 四日市ぜんそく公害訴訟。
1968年
(昭和43年)
職級制度(職能資格制度)を導入。
川端康成ノーベル文学賞受賞。
1970年
(昭和45年)
大阪で開催された日本万国博覧会に空中ビュッフェを出店。会場を展望しながらサンドイッチなどの食事を楽しむことができ、新しいパンの食べ方として話題を呼んだ。
大阪で日本万国博覧会開催。
よど号ハイジャック事件。
1971年
(昭和46年)
神戸屋健康保険組合を設置。 沖縄返還協定調印。
無漂白小麦粉を使用した食パン『純』を発売。
1972年
(昭和47年)
神戸屋高等職業訓練校を設立。 浅間山荘事件。
1973年
(昭和48年)
業界に先駆け、全商品を無漂白粉に全面切り替え、健康への姿勢を強めた。
オイルショック。
江崎玲於奈ノーベル物理学賞受賞。
1975年
(昭和50年)
ベーカリーレストラン1号店「神戸屋レストラン西宮店」オープン。フードサービス業界に参入する。
山陽新幹線が博多まで全通。
1980年
(昭和55年)
「疑わしきは使用せず」の姿勢で、大手製パンメーカーとして初めて臭素酸カリウムを自主全面使用中止。
衆参同一選挙実施。
読売巨人軍の王貞治選手引退。
ルービックキューブがヒット。
1982年
(昭和57年)
神戸屋キッチン1号店が東京成城にオープン。 500円硬貨発行。
1984年
(昭和59年)
ドイツ・アンデルセン社と技術提携を結ぶ。
第1回欧州自主視察団をドイツ・フランスに派遣。その後海外自主視察団に改名し、欧米各国の食文化を学ぶために、若手社員を中心に派遣。
グリコ・森永事件。
衛星放送開始。
新札発行。
1985年
(昭和60年)
ユニバーシアード神戸大会に企業参加。
阪神タイガースが21年ぶりに優勝。
1986年
(昭和61年)
寝屋川工場に、原料の搬送から生地のミキシング、発酵管理、整形、冷却、包装に至る全ての工程が自動化された超合理化食パンラインが稼動。 
伊豆大島三原山が大噴火。
1987年
(昭和63年)
フレッシュベーカリー直営1号店「ベイクショップJR高槻店」オープン。  
1988年
(昭和63年
冷熱事業本部を設置し、冷凍食品などの冷熱事業に参入する。 青函トンネル開業。
リクルート疑惑。
小学生対象の図画コンクール実施。
1989年
(平成元年)
PRISM(生産情報管理システム)稼動。ホストコンピュータと各製造部のパソコンを接続、受注データが即時に生産数に変換され、仕込・整形など各過程で把握できるようになり、生産管理面に大きく貢献した。
MAIN(物流管理システム)スタート。ホストコンピュータの受注データを、各工場の出荷商品仕分け担当部署の端末に接続。常に最新の情報が確認できるようになった。 
リフレッシュ休暇導入。
昭和天皇崩御。
漫画家・手塚治虫死去。
消費税法が施行、3%の消費税。
歌手・美空ひばり死去。
1990年
(平成2年)
寝屋川工場に新仕分け支援システムを導入。これにより商品の仕分けは格段にスムーズになり、時間短縮と省人化に結びついた。
大阪・国際花と緑の博覧会に神戸屋サンドッグの施設参加。
大阪で国際花と緑の博覧会開催。
秋山豊寛、日本人初の宇宙飛行。
1991年
(平成3年)
再雇用制度導入。
長崎県雲仙普賢岳で火砕流発生。
1992年
(平成4年)
関西国際空港関連事業に参加。 カンボジアPKO派遣。
1993年
(平成5年)
ヨーロッパで人気の冷凍ケーキの製造販売に関して、ドイツ・ファルツグラフ社と技術提携契約を調印。
プロサッカー・Jリーグ開幕。
北海道沖の地震で奥尻島に大津波。
1994年
(平成6年)
最初の「イーストフード・乳化剤無添加食パン」を発売。
JMA総合マーケティング優秀賞を受賞。
日本初参加となる「1994ベーカリーワールドカップ」日本代表として当社社員2名が出場。総合3位に入賞し、当社社員担当の飾りパン部門で金賞を受賞。
業界大手である明治パン(株)と提携を結ぶ。(平成8年に資本参加、(株)神戸屋東京工場となる)  
(株)イーグルケータリングを設立し、機内食事業に参入。
中華航空機名古屋で墜落。
松本サリン事件。
自社連立政権成立。
1995年
(平成7年)
阪神大震災支援活動のため「ガンバレ神戸」食パン(関西地区では「ガンバレ阪神地区」の名称)を発売、一斤につき40円を義援金として積み立て、総額2千万円を「阪神大震災こども義援金」として毎日新聞大阪社会事業団に寄贈。
阪神・淡路大震災。
地下鉄サリン事件。
PHS発売。
1996年
(平成8年)
ホイロ後冷凍生地を中心とした冷熱事業の更なる拡大のため千葉県に新工場を稼動。
「1996ベーカリーワールドカップ」日本代表として当社社員1名が出場。総合4位に入賞し、当社社員担当の飾りパン部門で金賞を受賞。

関東エリアでのフレッシュベーカリー直営1号店「フレッシュベーカリー品川駅店」オープン。

住専処理法成立。
各地でO-157の被害が広がる。
ペルーで日本人大使館人質事件。
1997年
(平成9年)
神戸屋独自製法により、イーストフード・乳化剤を加えない「神戸屋づくり」シリーズを発売。
お台場・フジテレビ本社ビル内にベーカリーレストランをオープン。
東京事業所を設置、関東地区物流体制の合理化を果たす。
消費税率が5%に引き上げられる。
山一證券など大型倒産が相次ぐ。
1998年
(平成10年)
長野オリンピック期間中、オランダ・ベルギー両チームにベーカリーレストランで焼き上げた欧風食事パンを毎日届け、選手から絶賛される。
パン食普及キャッチフレーズ募集(パン食普及協議会主催)で、神戸屋から最優秀作を含む7点が入選。
ミニクロワッサン・ミニクルミデニッシュなど、家庭用ホイロ後冷凍生地を、パンメーカーとして初めて発売。
ISTREAM(レストラン情報管理システム)稼動。直営店舗のオンラインでの実績把握とレシピのコンピュータ管理で、管理レベルの向上を目指す。
長野冬季オリンピック開催。
明石海峡大橋開通。
フランスで開催されたサッカーのワールドカップに日本チーム初出場。


1999年
(平成11年)
「1999ベーカリーワールドカップ」日本代表として、当社社員1名が出場。総合3位に入賞。
ユーゴスラビアにNATO派兵。
男女雇用機会均等法・労働基準法女子保護規定が大幅改正され施行。
尾道今治ルートを結ぶ「瀬戸内しまなみ海道」が開通。
2000年
(平成12年)
食パン包装にヒートシール方式導入。
レストランで海外長期料理研修派遣実施。
朝鮮半島南北首脳が初の会談。
三宅島雄山噴火。
シドニーオリンピック開催。
アメリカの新大統領が大混戦の末決定。
白川英樹氏がノーベル化学賞受賞。
2001年
(平成13年)
新本社ビル完成。
特許製法でもっちり感をだした「湯種」食パンを発売。 湯種
米で同時多発テロ。
国内でもBSE(狂牛病)発生。
米、アフガニスタンを攻撃。
2002年
(平成14年)
寝屋川工場がAIB(米国で製パン工場の食品安全衛生管理を指導及び監査する機関)の監査に合格。
「2002ベーカリーワールドカップ」日本代表として当社社員1名が出場。優勝する。
9月こだわりロールパン「ふっくらら」シリーズ発売。
TVCM10月関西エリアにて「湯種」食パンのTVCMを放映。
FIFAワールドカップ日韓共催。
小柴昌俊氏、ノーベル物理化学賞受賞。
田中耕一氏、ノーベル化学賞受賞。
日韓首脳が初の会談。
北朝鮮に拉致された日本人5人が帰国。
2003年
(平成15年)
湯種のもっちり感にブランを加えた山型食パン「湯種ブラン」を発売。
神戸屋ビジネススクール開校。
イラク戦争開戦。
新型肺炎が世界的流行。
有事関連法案が成立。
2004年
(平成16年)
長期海外技術研修がスタート。
東淀工場、堺工場、神戸屋キッチン東急東横店がAIB監査に合格。
都心型ベーカリーレストラン「神戸屋レストラン丸の内店」誕生。
鳥インフルエンザ発生。
アテネオリンピック開催。
イラク日本人人質事件。
新潟県中越地震発生。
2005年
(平成17年)
神戸屋パン岡山販売(株)、神戸屋パン東中国販売(株)、神戸屋パン三重販売(株)が(株)神戸屋に合併。
「'05食博覧会・大阪」に出展
京都議定書発効。
個人情報保護法全面施行。
道路公団民営化。
郵政民営化法案成立。
2006年
(平成18年)
欧州自主視察団をドイツ・フランス・イタリアへ派遣。
「技能振興関係優良事業所」として、(株)神戸屋が厚生労働大臣賞を受賞。
関東エリアでフレッシュベーカリー店舗へフレッシュなパンをお届けすることを目的とした「サテライト木場工場」稼動。
インドネシア・ジャワ島で地震発生。
道路交通法一部改正により、民間の駐車監視員による取締りスタート。
冥王星が惑星から降格。
2007年
(平成19年)
「2007モバックショウ」ウインドウディスプレイコンテストで当社社員が最優秀賞を受賞。  
新製法を導入し、よりシーフードに合うパンをお客様にご提供する新業態店「神戸屋フォーニル成城店」オープン。
『湯種』食パンリニューアル。 湯種
強毒性鳥インフルエンザ発生。
都心縦断ー東京マラソン2007開催。
大丸と松坂屋が持ち株会社で経営統合。
2008年
(平成20年)
「2008ベーカリーワールドカップ」日本代表として、当社社員1名が出場。総合6位に入賞。
流通業界展示会「2008スーパーマーケットトレードショー」に、ベーカリーショップの新ブランド「ブレッズプラス」を出展。
イートインコーナーでビュッフェスタイルを導入した新業態店「サンドッグイン馬喰横山店」オープン。
   
後期高齢者医療制度スタート。
特定検診・保健指導スタート。
中国国家主席が10年ぶりに来日。
南部陽一郎氏、小林誠氏、益川敏英氏がノーベル物理学賞、下村脩氏が化学賞を受賞。
2009年
(平成21年)
第18回カリフォルニア・レーズン新製品開発コンテスト 規定作品部門で当社社員がカリフォルニア・レーズン金賞を受賞。
関東エリアの新工場として、最新設備を導入した「神戸屋戸田工場」稼動。
バラク・オバマ氏が米大統領に就任 。
新型インフルエンザ発生。
新省庁「消費者庁」が発足 。
2010年
(平成22年)
千葉工場が関東地区電気合理化委員会から省エネ最優秀賞を受賞。
パーベイクに関するパンの製造方法の特許を登録。
日本航空が会社更生法の適用を申請。
ハイチ・南米チリで、大地震発生。
口蹄疫が宮崎県で猛威。
探査機「はやぶさ」帰還。
2011年
(平成23年)
第23回ガレット・デ・ロワコンクールフランス大会で当社社員が10位入賞。
熱々焼き立てパンと地中海料理が楽しめる新業態レストラン「神戸屋シルフィールクア大阪店」オープン。
朝、昼、夜、さまざまなシーンにお応えする新業態店「神戸屋ダイニング東京国際フォーラム店」オープン。
匠の逸品「もちふわ」食パン発売。
東日本大震災、福島第一原発事故発生。
九州新幹線全線開通。
サッカーの第6回女子ワールドカップでなでしこジャパンが初優勝。
2012年
(平成24年)
「2012ベーカリーワールドカップ」日本代表として、当社社員が2名出場。優勝する。
山中医学博士がiPS細胞の業績でノーベル賞受賞。
ロンドンオリンピック、最多のメダル数獲得。
東京スカイツリー開業。
阪神百貨店梅田本店にて、食事パンとデリカッテッセンを販売する新業態店「神戸屋レストラン芦屋エクスプレス」オープン。  
2014年
(平成26年)
個人戦の世界大会「マスター・ド・ラ・ブーランジュリー」にて当社社員がパン部門で優勝!飾りパン部門で第3位に輝く。
半円型をした食パン「円熟」食パンを発売。
ノーベル物理学賞にLED開発者三者受賞。
消費税8%スタート。
2016年
(平成28年)
2016ベーカリーワールドカップへ当社社員1名が日本代表として参加。
リオ五輪史上最多のメダル41個。
18歳選挙権施行。
伊勢志摩サミット・オバマ大統領広島訪問。
熊本地震震度7発生。
2017年
(平成29年)
日本雑穀アワード むぎの詩「やわらか15穀」が金賞を受賞。
14歳棋士、藤井四段が29連勝の新記録。
「プレミアムフライデー」初実施。
 
pagetop